物忘れを防ぐためのサプリメント。ぜひ取り入れて下さい。

物忘れのサプリメントはDHA/EPA配合!
記憶力のピークは18歳〜20歳くらいと言われています。それを過ぎてしまうと記憶力は下がる一方で、10代の頃に1時間で暗記できたものを、30代で3日、50代で1週間掛かってしまいます。
30代になったくらいから感じておられた方も多いと思いますが、思うように暗記ができないのはそのためです。

物忘れの低下を抑えるために

記憶力の低下を止めることはできなくても、抑えることはできます。物忘れに有効な成分を含んだサプリメントを摂取はその一助となります。
有効な成分は…

  • DHA
  • EPA
  • クリルオイル
  • ナットウキナーゼ
  • ビタミンB1
  • ビタミンE

です。上記の含有量や価格などを考慮したおすすめサプリメントをご紹介いたします。ぜひご参考になさってください。

 

きなり(販売元:さくらの森)の特徴

脅威のリピーター率92%! 厚生労働省が推奨するDHAとEPAの摂取量は1日1000mgです。きなりなら、1日の摂取量4粒で、なんと500mgものDHAとEPAを摂取できてしまうんです。 クリアオイルにより吸収率を高め、ナットウキナーゼにより血栓溶解作用、血液がサラサラになる効果も期待できます。ビタミンEに関しては、その1000倍の効果があると言われているアスタキサンチンを含んでいるので、1日の摂取量の200%も摂取できてしまいます。 自信を持ってオススメできるサプリメントです。

価格 初回1980円/2回目以降4093円
評価 評価5
備考 初回66円/2回目以降136円
 
 

美健知箋(販売元:佐藤製薬)の特徴

ゾウのマスコット、サトちゃんでおなじみ佐藤製薬が開発したサプリメントです。極小サイズのサプリメント5粒で1包に小分けされていて、とても飲みやすくできています。1包に、DHAが550mg 、EPAが200mgも含まれています。 DHAもEPAも酸化が弱点なのですが、ビタミンEを配合している上、個包装を採用しているので、飲む直前まで酸化を防ぐことができます。 「飲みやすく、続けやすい。それが製薬会社品質」と謳っているだけあって、かなりの高品質ですが、その分ちょっとお値段もお高めです。

価格 初回1000円/2回目以降4980円
評価 評価4
備考 初回33円/2回目以降166円
 
 

DHA&EPAオメガプラス(販売元:みやび)の特徴

美容や健康効果の高い成分が多く含まれている亜麻仁油、DHAとEPAの酸化を防ぐアスタキサンチン、吸収を助けるクリルオイルをたっぷり含んでいます。DHAは364.5mg、EPAは127.5mg摂取できます。 1日の摂取量の目安が4〜6粒となっていますが、先述の2品と同等に比較するには6粒です。飲むのがちょっと大変かもしれません。 定期購入のコースが豊富なので、自分に合ったコースを選べるところがステキです。今なら特典でカードケースとピルケースがもらえます。

価格 通常購入1851円/定期コース最安値1666円
評価 評価4
備考 通常購入93円/定期コース最安値83円
 

 

 

 

物忘れによる弊害

パソコンやスマホの普及により、物事を憶えていなくても調べられ、漢字なども忘れてしまってもすぐに変換できる時代になりました。その分脳を使わなくなり、物忘れのリスクも高くなったようです。
例えば、同窓会で久しぶりに会った同級生に声を掛けられたものの名前を思い出せず、名前を呼ばないといけない話題を避けて会話をした、なんて経験ありませんか? きっと相手はそれに気づいてしまい、ショックを受けることでしょう。
ビジネスシーンで取引先の部長の名前を忘れてしまったら、契約を逃してしまいます。
お孫さんのお名前を忘れてしまったら、もう遊びに来てくれなくなってしまうかもしれません。
物忘れのせいで大きなものを逃してしまう、なんてことは案外多いものです。

 

 

サプリメントをオススメする理由

加齢によるものだけでなく、乱れた食生活が挙げられます。DHAとEPAは青魚に多く含まれているのですが、毎日食べるものでもなく、積極的に食べようとしても食費がかさんでしまいます。
そこで、普段の食事で足りない分を、サプリメントで補うのです。飽きが来ず、水と一緒にスッと摂取できてしまうので長続きします。

 

 

気になった「今」が始めましょう

脳は、さまざまなことを経験することで活性化し、50歳くらいまで成長すると言われています。しかし、20歳前後から記憶力が低下していくのも事実です。
毎日決まった時間にサプリメントを飲む、という行為も経験の中のひとつです。こうして、物忘れについて検索していることも経験のひとつです。
日進月歩で文明は進み、便利になり、ますます脳を使わずして生活ができるようになっていくでしょう。適度に身体を動かし、しっかり栄養を摂って、その補助としてサプリメントを併用しましょう。
家族も周りの人も、いつまでも元気なあなたと一緒に過ごしたいと願っているのです。そのためにも、気になった「今」から始めましょう。

 

 

物忘れがひどい人の特徴と原因

人間の記憶力は20代にピークを迎え、その後勉強や読書などで鍛えることによって少しは低下を送らせることは出来ますが、ピークに戻すことはほぼ不可能です。そのため、誰しも経験することになるのが物忘れですが、これ自体は普通のことなので心配は要らないでしょう。しかし、物忘れの程度がひどくなってくると、日常生活においても支障が出る可能性があります。そこで、ひどい物忘れや認知症の特徴や違い、原因などについて知っておきましょう。
まず最初に物忘れと認知症の特徴と違いですが、学術的ではなく簡単に分類すると、物事の一部分だけ忘れる場合は単なる物忘れ、一方で忘れたこと自体を覚えてない場合には認知症ということになります。また、忘れはするけど日常生活にはそこまで影響がない場合は物忘れ、日常生活に支障が出るほど影響がある場合には認知症、ともいえます。このことから、単なる忘れっぽい性格が認知症になる前に対策を行うことが大切です。
忘れることが多い人というのは、もちろん全てではありませんが、日頃から勉強や読書など、考えたり記憶したりする作業を行っていません。また、バランスの良い食事や質の良い睡眠などの生活習慣が乱れていることも挙げられます。このようなことが長年続いて脳に悪影響を与え続けた結果、脳の神経細胞などの機能が低下し、忘れっぽくなります。これを防ぐためには生活習慣を見直し、また日頃から脳を使う作業を行うことが重要です。それでも物忘れがひどいと自覚できる場合には、出来るだけ早く医師や専門家へ相談するようにしましょう。
他に対策としては、毎日の生活の終わりに日記を書くことや、日頃からメモ帳を持ち歩くなどが挙げられます。人間の脳は基本的に忘れやすいので、記憶を定着させるような行動をすることによって、脳機能の低下を防ぐことに繋がります。
日頃の積み重ねが、将来の認知症予防に繋がります。そのためにはしっかりと意識しながら、様々な対策を行っていくことが大切です。

 

 

 

物忘れがひどい人の薬とその副作用とは

物忘れがひどい場合、考えられるのは脳機能が低下していることです。そして脳機能の低下が引き起こされる原因は様々あります。その原因や物忘れの程度によっては、症状が進行して認知症につながることもあるので注意が必要です。物忘れがひどいと言う場合には、脳機能の低下を補うための薬が処方されることもあります。主な薬の種類やその副作用は以下の通りです。まずはアリセプトと呼ばれる薬です。この薬には、アセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質の生産を高める作用があるとされています。神経伝達物質が活発に作られると、それだけ脳の神経伝達が活発に行われ、記憶力などの向上、維持が期待できます。また神経伝達が活発に行われると、脳の神経細胞の死滅などを防ぐことにも効果が期待できます。そして脳の神経伝達が活発になることで感情の起伏も起こりやすくなるので、この薬は物忘れからくるうつのような状態にも効果が期待できるとされています。ただし副作用としては、感情の起伏が大きくなり過ぎて攻撃的になったり、不眠、徘徊のような現象が出てくることが挙げられます。また心拍の乱れや脈拍の乱れ、更にパーキンソン病のような症状、手足の震えや動きが鈍くなることなども出やすいと言われています。次にレミニールとよばれる薬ですが、これにはアセチルコリンの脳内での分解を食い止める作用があるとされています。よって脳内のアセチルコリンの量を一定に保つことで、記憶力の低下などを防ぐことが期待できます。またドーパミンの分泌にも作用をもたらすことから、快や喜びに対する感情表現に関しても緩和が期待できるとされています。ただ副作用としては、アリセプトと同じような内容のことが挙げられます。そしてメマリーです。これは深刻な物忘れと関係が深い、脳内のグルタミン酸濃度を抑える作用があるとされています。それにより物忘れの進行を緩やかにすることが期待できる薬として使用されています。ただし副作用として浮動性のめまい、便秘、そして日中の眠気、更に幻覚や幻視があらわれることが多いとされています。

 

 

 

物忘れ防止のためにできる方法いろいろ

最近なんだか忘れっぽいと物忘れに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、物忘れ防止の方法を教えます。まずは、脳にいい食べ物を積極的に食べるようにしましょう。脳の中にある神経伝達物質の効果を高める栄養素は、大豆製品に含まれているチロシンです。チロシンはドーパミンの働きを助けてくれますので、物忘れ防止に効果的です。朝から豆腐の味噌汁を飲むことで、脳が活性化します。日常的に大豆を食べることで脳の老化を遅らせることができますので、積極的に摂取をしましょう。青魚に多く含まれているDHCは、大豆と同じく物忘れ防止に効果のある栄養素です。しかし、バランスよく栄養素を摂取するのは忙しい現代人にとっては色々と大変です。偏っている栄養素を補うためにも、サプリメントを使いましょう。サプリメントなら手軽に飲むことができますので、毎日の生活に取り入れやすいです。決められた時間に飲むことで、飲み忘れを防ぐこともできます。物忘れ防止のためには、脳を活性化させる栄養素を取り入れることも大事ですが脳を働かせることも大切になります。自分にとって得意な分野を憶えるのは簡単ですが、苦手な分野はなかなか覚えることができなかったりするものです。得意な分野を憶えるよりも、苦手な分野に挑戦する方が脳を積極的に活用させるポイントです。時間をかけて挑戦することは、脳にとっていい刺激になります。脳に記憶するということは、膨大なエネルギーを使うことになります。きちんとした睡眠をとり、常に健康な状態に保つことが大切です。物忘れを防止する方法として、イメージをしてから行動をするようにしましょう。料理が終わったら次は、洗濯物を畳むなど次にすることのイメージをしっかりと頭の中に入れておきましょう。毎日イメージを繰り返すことによって、脳に行動として残りやすくなります。脳の老化を防ぐためにも、普段から意識をして対策をしてみましょう。

 

 

 

物忘れがひどいのは病気の可能性も。物忘れ外来へ行こう。

物忘れが最近、ひどいと感じる場合には、病気の可能性もあります。通常時、疲労やストレスにより、集中力に欠けることで、人の話を上の空で聞いていたり、また、別のことに意識が向いていてどこかに物を置き忘れ、思い出そうとしてもなかなか思い出せなかったりということは、誰でもあることです。常に集中し、意識をすべての物事に対して向けられるということは不可能に近いでしょう。そのため、ある程度に関して、自分が興味がないこと、また別のことに集中していた場合には、別の事柄に対して意識を向けておらず、その結果、ちょっと物忘れしてしまうということは、ありえることです。
そのため、疲労がたまっている、またストレスをため込みすぎている場合などは、生活習慣の改善をするといいでしょう。生活リズムを整え、睡眠をしっかり取る事が重要です。質のよい睡眠を取ることで、疲労を次の日まで残さずにすみ、しっかりと疲労を回復させることで、集中力などもある程度回復します。また、ストレスによっても集中力が欠けてしまうことがあるため、ストレスなども、ある程度緩和、軽減できるように、生活環境を改善していくことも物忘れ対策、また集中力向上につながるでしょう。休日にどこかでかけたり、旅行やショッピングなどをするのも気分転換になり、適度にストレスを解消することになるでしょう。また、ストレス、緊張といった状態を適度に癒すためにリラックスする生活環境を自宅などに整えることも大切です。ゆっくりとくつろげる生活空間があることで、ストレスの緩和につながります。
このように、ある程度のもの忘れに関しては、自分で対策をすることが大切です。ですが、あまりに物忘れがひどい状態の場合には、自分で対処せずに、できるだけ早めに物忘れ外来など医療機関で診察を受けるほうがいいでしょう。物忘れが悪化してしまうと、生活に支障がでてしまうこともあるため、しっかりとした対策や治療などをしてもらうことが大切です。

 

DHA EPA 摂取による効果、効能

DHAはオメガ3脂肪酸と呼ばれる不飽和脂肪酸で、人体に必要である重要な栄養素の一つです。
DHAを摂取する事による効果は様々な事象に現れます。
動脈硬化の予防、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、うつ病、視力の低下等の予防と改善効果がみられます。
最近では<認知症の予防>にも効果がある事が実証されております。
DHAは血液の流れをサラサラにして良くして目の網膜や脳の働きを活性化する等の効果があります。
DHAが十分にあれば脳は活発に動き記憶能力等も増加いたします。

 

DHAが充分にないと人間は歳を取るにつれてDHAは減少して脳の活力が失われて老人性痴呆症、(ボケ)になる恐れがあります。
又、脳の血管障害による痴呆症もDHAやEPAが不足して血流が悪くなり血栓が出来やすくなり起るのです。
このようにDHAの不足による障害は、社会生活そのものを危うくします。

 

EPAを摂取する事による障害に対する効果も様々な事象に現れます。
★血管年齢の老化が進むと動脈硬化を引き起こす可能性が高まり心筋梗塞や脳梗塞が発生するリスクが生じますが、EPAは赤血球の膜を柔らに且つ血管を柔軟にする作用があるので血流が良くなり病気のリスクが減少します。

 

 

★中性脂肪値の低下効果がある。
余った栄養分は血液で肝臓に運ばれて中性脂肪が作られますがDHAやEPAのオメガ3が、中性脂肪の剛性を抑える働きをするのと同時にオメガ3は血管にも作用し血流を良くして血液中の中性脂肪値を下げる効果があります。

 

★EPAには抗炎症、抗アレルギーや精神安定、眼精疲労の抑制、肌の潤い等にも効果があります。

 

 

DHA,EPAを多く含む食品

まぐろ、アジ、サバ、イワシ、ブリなどの青魚にはDHAやEPAが含まれている事は周知の事実ですが、魚は毎日食べられないし、嫌いだと言う方もいると思いますが、オメガ3にはDHAやEPA以外にαリノレン酸があります、DHAやEPAに比べれば多少効能効果は落ちるようですが、えごま、亜麻油、クルミ、チアシードなども中性脂肪などを低下させる効果があると言われています。
昨今食料事情により、青魚などを日常的に食べる事は難しくなっているので、
最近の健康志向もあり、DHAやEPAに特化したサプリメントもあるようなので、このようなサプリメントを毎日摂取するのも老化防止には役立つのではないでしょうか!

-

脳と物忘れの関係性についてのコラム☆

ケアレスミスを減少させるコツは、このような方法にあった

ケアレスミスを現象させるためにはいくつかのことを心がける必要があります。たとえば事前の確認です。今から何をするのかをきちんと確認して落ち着いてからやりましょう。メモに取る癖をつけるのも大切です。ちょっとしたミスでもメモを見返せば簡単に確認しなおすことが出来るので、出来るだけメモに取りましょう。この際スマホ等のメモではなく直筆のメモがおすすめです。入力するよりも字で書いた方が記憶に残りやすいのです。そして気持ちをリラックスさせることも大切でしょう。メンタルが不安定なときはどうしても焦ってしまいケアレスミスを起こりしやすい環境になってしまいます。落ち着いて取り組んで見直しも絶対に行うようにすれば、ケアレスミスも減るのではないでしょうか。日常生活から出来ることとしては、バランスの取れた食生活、十分な睡眠時間、適度な運動がおすすめです。特に血流を改善することはケアレスミスを改善するうえでとても大切です。体に血が十分にめぐっていない状態では脳の働きも遅くなってしまうので、血流を改善できる健康的な生活習慣を心がけて下さい。

 

仕事のケアレスミスをなくして効率アップする対策

仕事をしているとケアレスミスというのは付き物のような感じがしますが、ごくたまにならともかく頻繁にケアレスミスをするようだと信用も失いますし自己嫌悪にも陥ってしまうでしょう。そんなケアレスミスを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。やらなくてはいけないことに集中するということは当然のこととして、気にしたいのは確認するという体勢を何重にも作るということでしょう。人の話を聞いたりした時は必ずメモをとる。メモを取ったものは落ち着いて整理してどのように動くべきかを考える。一通り仕事を終えて完璧だと思っても必ず見直しを行う。計算などがあるときは何度も検算を行ってミスを防ぐように心がける。万が一、ケアレスミスを起こしてしまった時には二度と同じようなことが起こらないようにきっちり反省をして何が行かなかったのかを理解する。何事を進行していくのであってもバタバタせずに一呼吸置いて落ち着くように心がける。これらのことを守ることが出来れば相当にケアレスミスは防げます。基本的にはミスをしないという意識をしっかりと持って行動することが大切なのです。

 

注意!これがケアレスミスをする人の共通の特徴だ

ケアレスミスとは、ちょっとした簡単なミスです。集中していたり普段では間違えないような簡単なミスなのについついケアレスミスをしてしまう人は多いのではないでしょうか。実はケアレスミスをしやすい人には共通の特徴があったのですたとえば、時間に追われていて余裕がない人です。仕事をたくさんかかえていたり、ついつい後回しにしたり、常に焦っていると余裕がなくなってしまいケアレスミスを置きやすくなってしまうでしょう。特に、朝なかなか起きれない人はケアレスミスが多いといわれています。落ち着いて準備をしていれば忘れ物はないのに、ついついギリギリに起きてしまい焦って出かけたせいでケアレスミスが発生してしまうのです。睡眠不足ももちろんケアレスミスにつながります。その為、心の余裕をもって挑む様にしましょう。低血圧、睡眠不足の人は特にケアレスミスが多いのではないでしょうか。睡眠で体をしっかりと休ませることが出来ないとどうしてもケアレスミスが発生してしまいますし、朝集中出来ない低血圧の状態でも午前中はどんどんケアレスミスが増えてしまいます。

 

脳の萎縮を検査する方法

脳の萎縮を検査する方法があります。脳の萎縮は生活習慣に関係していて、過度なストレスが長期的に加わると脳が反応を示すことになります。脳が萎縮すると耳鳴り、めまい、ふらつき、記憶障害など様々な症状が現れます。短い期間での症状の現れについてはそれほど気にする必要はありませんが、症状が長期的に続く場合は、脳の萎縮が懸念されます。継続的に強いストレスにさらされると脳が萎縮してしまうので注意が必要です。ストレスは緊張状態にさらされるので脳に大きな負担がかかることになります。自律神経と副交感神経がスムーズに交代が行われないと、脳にストレスが掛かり脳は萎縮してしまいます。頭がボーっとしたり、耳鳴りが聞こえるようになった時は注意が必要です。脳の萎縮を検査するには脳ドックを受けます。最近は機械も進化していて、あらゆる方面からチェックできるようになっています。脳の萎縮が発見された場合でも治療することである程度は緩和できるので、できるだけ早期に検査を受けることが推奨されています。人間ドックでは多種多様な検査が受けられるので、日常生活に支障をきたすようなら早期に検査を受けて治療を受けるべきです。

 

脳の萎縮度を検査で調べる

脳の萎縮度を検査で調べることは可能です。最近は技術が進化していて、脳の委縮度検査というものがあります。早期アルツハイマー病診断支援システムとして有名なのがVSRADというシステムになります。これはMRI撮影により、脳の萎縮度を見る検査になります。このシステムが開発されたことで、これまで目視では難しかった早期アルツハイマー型認知症の診断が可能となったのです。脳の萎縮度の検査については50歳以上の人が対象になります。アルツハイマー病はもの忘れの進行とともに脳が萎縮します。海馬という記憶に関する部分が萎縮するのですが、VSRADならその部分の萎縮の程度を見ることができます。ただし、保険適応外なのでそれなりに値段はかかり、脳ドックを受診した人限定の検査になります。脳ドックでオプションの場合はプラス2,000円となり、VSRADのみの場合は4,000円となります。このようにMRI画像を使えば脳の萎縮度をみる検査が可能です。VSRADを使えば早期アルツハイマー型認知症診断の支援が可能となるので、最近、物忘れがひどくなっていて気になる人は受診するとよいでしょう。

 

脳の萎縮をチェックする方法

脳の萎縮をチェックする方法は人間ドックのMRIで可能です。脳の萎縮をチェックする場合、脳ドックを受ける必要があり、萎縮が発見された場合、治療を開始することができます。人間ドックだけでも多種多様な検査を受けられるので、生活に支障をきたすようならすぐにでも検査を受けることです。検査の性能は年々高まっているので小さな問題でも発見可能です。軽度の認知症にも効果的なのがMRI検査で、認知症の原因を特定することができます。また、画像検査の中でも効果が高いのがMRIで、萎縮症状の発見に有効な検査法になります。MRIなら正確に脳の萎縮を判断することができます。ただし軽度の脳の萎縮を見つける場合にはMRIのVSRADという手法が必要になるので、詳細な脳の状態を把握するにはVSRADを行なってくれる医療機関を受診する必要があります。脳の萎縮は認知症における脳の状態の中でもっとも特徴的なもので、どの認知症にも起こり得るものです。脳の萎縮を早く発見することは認知症を診断する一つの判断基準になるので、脳の萎縮はできるだけ早めにチェックしたいものです。

 

忙しい人でもわかるDHA基礎知識!:記憶力との関係

忙しい人でもわかるDHAの基礎知識を紹介します。DHAというのはドコサヘキサエン酸を略した言葉で、魚の油に含まれる成分になります。必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸の一つなのですが、血液をサラサラにする効果や記憶力を高める効果があることで話題になっている成分です。DHAは記憶力と関係していて、脳の神経の働きを強化したり、情報伝達を円滑にする役割があります。DHAは脳の健康には欠かせないもので、マグロやカツオ、サバ、サンマなどの青魚に沢山含まれています。現代人は魚の消費量が減ってきていると言われていて、そのために集中力が衰えてイライラしやすくなっています。また、それが記憶力減退につながっています。勉強をしている人は、記憶力向上のために魚類を多く摂る必要があります。年を重ねると記憶力はどんどん衰えるので意識的に魚類を食べてDHAとタンパク質をしっかり補給する必要があります。DHAはなるべく毎日摂るようにするとよく、脳神経を活発にすることができます。食事で摂るならおすすめは、使いやすいイワシやサバの缶詰です。食事で摂れない人はDHAのサプリを利用しましょう。

 

 

物忘れにサプリ!【おすすめランキング】に戻る↑↑